2018年に行ったキャンプをランキング形式で振り返る(後編)

どもども、オチョです。いよいよ2018年の振り返りの最終回となります。
2018年に行ったキャンプ場で1番はいったいどこのキャンプ場だったのでしょうか?
その答えが明らかになります。
その前に、前編と中編はこちらから。


さて、今回はベスト4となります。
正直ベスト10ぐらいからどこも好きなキャンプ場で甲乙つけがたいというのが正直なところです。どのキャンプ場もそれぞれ特徴的で良いキャンプ場ばかりですもの。しかし、ここまで来てしまった以上、最後までまとめて行きたいと思います。

それでは第4位から行ってみよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第4位 キャンプアンドキャビンズ那須高原(栃木県 3/31~4/1)

キャンプアンドキャビンズ那須高原は北軽井沢スウィートグラスと並んで、高規格キャンプ場の中でもTOPクラスの人気を誇るキャンプ場ですね。やはりこのキャンプ場も場内に入るだけでテンションアゲアゲのキャンプ場です。
施設内もおしゃれに作られており、キャンプをしているだけなのに、なぜかわくわくさせてくれるのが特徴的です。
また、イベントや遊具も充実しているのでファミリーキャンプには超最適。
特にビンゴはテンションが上がります。景品も豪華でキャンプに参加しているキャンパーさんが一体となり盛り上がるイベントはキャンプアンドキャビンならではですね。
また、「キャンプに連れてって」という友人のリクエストに第一の候補として挙がるのもキャンプアンドキャビンズです。
ただ、超絶予約が取れない。まあ予約が取れない。
何とかならんもんですかね?
でも好き好きキャンプ場というのは変わりません。

評価

設備がきれい度 ★★★★☆
自然が楽しめる度 ★★★☆☆
ファミリーでのおすすめ度 ★★★★★
総合点 ★★★★☆

第3位 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場(静岡県 5/2~4、12/8~9)

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は富士山を見ながらゆったりファミリーキャンプが楽しめる、最高のキャンプ場です。
フリーサイトですので、自由に広々とサイト展開ができるのがポイントのキャンプ場ですが、各サイトによって富士山が良く見えたり、隠れ家的なキャンプができたりと行くたびに違った楽しみが広がる魅力的なキャンプ場なのです。
また、広大な敷地面積を誇り、全300サイトを展開できる中で、200サイトで予約を打ち切るため、混雑時期でもすし詰め状態にはならないのでフリーサイトキャンプのビギナーでも安心して通えるキャンプ場なのです。
オチョファミリーとしてもフリーサイトデビューのキャンプ場であり、フリーサイトのすばらしさを実感したことから、富士山を見に行くキャンプを企画した場合、第一候補となるキャンプ場なのです。

評価

設備がきれい度 ★★★★☆
自然が楽しめる度 ★★★★☆
ファミリーでのおすすめ度 ★★★★★
総合点 ★★★★☆



スポンサーリンク

第2位 道志の森キャンプ場(山梨県 6/30~7/1、8/17~19)

第2位は道志の森キャンプ場です。
このキャンプ場は道志川が流れており、リバーサイドキャンプが楽しめる好キャンプ場。
清流をBGMに林間で過ごすキャンプは本当にリラックスさせてくれます。
日々の溜まったストレスどころかこれから溜まるであろうストレスまで洗い流してくれる、そんな気がするキャンプ場です。
こちらも全面フリーサイトで、独特な形状をした施設内では、最適なサイト選びに苦労します。
さらに予約が不要なので、人気サイトは早い者勝ちのサバイバルキャンプ。
何よりも大自然に囲まれている中で過ごす時間は“ザ・キャンプ”そのもの。そんな感覚が味わえるのが人気の秘訣ではないでしょうか。
場所によっては仮設トイレになってしまうので少し難易度高めですが、川沿いで直火での焚火はまあクセになります。
また、夏にはプールもあるのでファミリーキャンプに最適というポイントもあります。
高規格キャンプ場では得られない幸福キャンプが体験できるはず。高規格を否定するつもりはありませんが。
おススメのキャンプ場です。

評価

設備がきれい度 ★★★☆☆
自然が楽しめる度 ★★★★★
ファミリーでのおすすめ度 ★★★★★
総合点 ★★★★★

第1位 ほったらかしキャンプ場(山梨 4/7~8)

栄えある第1位は天空感の半端ない、ほったらかしキャンプ場です。
富士山、甲府盆地、星空ともう景色をお腹いっぱい楽しめるキャンプ場です。言わずもがな。
とにかくこれほどまでに絶景を楽しめるキャンプ場は他にあるのでしょうか?と思うぐらい絶景、絶景です。
特に時間とともに移り行く景色の中、ライトアップされた甲府盆地は幻想的で、めちゃくちゃキレイです。映えです。
また、管理棟や区画サイトもハンドメイドの趣ある作りでマイナス点を探すのが難しいと思えるキャンプ場です。
さらに、ほったらかしキャンプ場内の施設ではありませんが、近くのほったらかし温泉がまた絶品。
景色を楽しみながら、開放的に温泉を楽しむ。たまらんですな。
やはりここも予約が取りづらいという難点はありますが、全身で自然を感じる、自然を楽しむ、そんなキャンプに持って来いのキャンプ場です。

評価

設備がきれい度 ★★★★☆
自然が楽しめる度 ★★★★★
ファミリーでのおすすめ度 ★★★★☆
総合点 ★★★★★

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回紹介したキャンプ場はあえてランキング形式でお届けしましたが、どこも素晴らしいキャンプ場ばかりです。
また、まだまだ行ったことのない、素晴らしいキャンプ場もたくさんあります。
2019年はさらにキャンプ場の発掘をテーマにファミリーキャンプを楽しんでいきたいと思います。

いやー、キャンプって本当にいいですね。
それではサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

スポンサーリンク

その他

Posted by オチョ