キャンプでのコーヒーってどう楽しんでますか?

5月 10, 2019

キャンプでの楽しみの1つとして、コーヒーってかなり大きなファクターを持ちますよね!
もちろんコーヒーが好きって人の話ですが。
特に朝、コーヒーを嗜みながら、ぼーっとする時間。最高ですよね!
しかし、コーヒーと一口に言っても、かなり様々な楽しみ方があり、キャンプにおいて何が一番最適なのかって、結構難しくないですか?

めちゃくちゃこだわりを持って、厳選された豆を適量ミルで挽き、適量のお湯をコーヒーケトルで“のの字”にドリップ、という方法もあれば、スーパーで売っているドリップコーヒーパックをケトルで抽出なんて方法も。さらにはコーヒーの粉をお湯で混ぜて出来上がり、なんて簡単な方法もありますね。

今回はコーヒーについて、ようやくオチョファミリーの楽しみ方が一段落したので、楽しみ方とツールを紹介しつつコーヒーについていくつか学んだことを共有しようかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

正直何でもよくて人それぞれ

キャンプ道具やキャンプの楽しみ方と一緒で、コーヒーもこだわりだしたらきりがないし、こだわらなければ安く簡単に済ますことができます。
なので、基本的には楽しみ方は人それぞれだと思ってますので、あくまでもオチョファミリーの楽しみ方の一つとしてご覧いただければ幸いです。

まずはどんなタイプがあるのか

まずもって、オチョファミリーは正直、そこまでこだわりはありません。
基本的にどんな形でもおいしいと感じることができるし、ミルで豆から抽出とかまでは考えてません。
ミルなんかはカッコいいなーとは思いますがね。
また、実際にキャンプではスーパーで買ったドリップコーヒーを鍋で沸かしたお湯で淹れてます。
鍋からドリッパーにお湯を入れるのは結構大変で、コーヒーケトルが欲しいなーとずっと思ってました。
ただ、コーヒーケトルって文字通りコーヒーのみでの使用になります。お湯をそんなに使うかと問われれば、たまのカップラーメンと焼酎のお湯割りぐらいなので、そこまで困ることはないのですが。

パーコレーターというスマートなスタイル

そこで、まず第一候補として上がったのが「パーコレーター」です!
単純にオチョが知らなかっただけですが、なんてスマートなコーヒーメーカーなんだ!と驚きました。

 

出典:DOPPELGANGER OUTDOOR

パーコレーターとは、本体に適量の水を入れて、付属のバスケットに挽いたコーヒー(中挽きから粗挽き)を入れ、火にかけるだけ。と超簡単設計。大分割愛してますが…。
しかもペトロマックスから出ている、パーコマックスがビジュアルも良くて、全体的によさげ。
真冬でも熱々のコーヒーが楽しめるというのはすごく魅力的ではないでしょうか?
ただし、味はそこまでよくないとのこと。実際にパーコレーターで淹れたコーヒーを飲んだわけではないので、偏った考え方ではありますがいろいろ説明してくれた某アウトドアショップのスタッフさんがあまりおススメしてこなかったので、第二候補へと。
ちなみにパーコレーターはケトルとしても使えるし、パスタなんかもゆでることができるという汎用性があるそうですが、前述のスタッフさん曰く、コーヒーくさいパスタになるでしょうね、と一刀。
何度も言いますが、試していないので本当のところはわかりません。

手軽に本格エスプレッソを楽しめる

続いて、候補として上がったのが、ビアレッティのモカ・エキスプレス。パーコレーターのように、お湯と挽いたコーヒー粉を入れて火にかけるだけという、簡単な仕様。
それで本格的なエスプレッソを楽しめるのだから、魅力的。
飲み方としては、エスプレッソを適量のお湯で割って、自分好みの味で楽しむというもの。
パーコレーターに比べ味はかなりいいということ。
ただ、1つ決め手を欠いたのが、割る用のお湯を作るケトルが必要ということ。モカ・エキスプレスとケトルを導入するのは荷物が増えるという点で、マイナス。
そもそもエスプレッソをそのまま楽しめ、という声は置いておいて。
ということで、次の候補へ。

コーヒーメーカーのカリタから

最後に候補として上がったのは、カリタ「ニューカントリー102」。
安心のコーヒーメーカーカリタによる優れたコーヒーメーカーです。
こちらも手間なくおいしいコーヒーを、一定量入れられるという魅力的なアイテム。
ただし、やはりこちらもケトルが必要という点と見た目的に好みではないので、やめました。
こちらは構造上、鍋でお湯をドボドボ入れても、一定間隔でドリップしてくれるので、最悪ケトルは必要ありませんが。

そのほか、サイフォンやプレスなどいろいろありますが、イマイチピンときません。

スポンサーリンク

ペーパードリップに落ち着く

いろいろ悩んだ末、落ち着いたのがオーソドックスなペーパードリップ方式。
ケトルとドリッパー、ペーパーがあればOKというシンプルスタイル。
ミルはないので、挽いたコーヒー粉をある程度いいものを選び、コーヒー専用ではないですが、ケトルで淹れればそれなりに楽しめるだろうと。

今回オチョファミリーが導入したコーヒーアイテムを紹介。

ドリッパー&ドリップホルダー

RIVERS製のドリッパー「ケイブリバーシブル」と専用ホルダー「ポンド」。
アウトドアイベントなどで見かけたRIVERSさんのコーヒーツールが忘れられずに、上記アイテムをゲット。
ドリッパーはリバーシブルでコーヒーに変化を加えることが可能。
何よりも、見た目がGOOD!
そして、ウッドのドリップホルダー。こちらはアウトドアショップやネットでは全然手に入らず、購入を諦めていたところ、たまたま立ち寄ったアウトドアショップで見つけました。
即飛びつきましたね。
▼ゲットの様子は下記より

ケトル

ケトルはトランギア×DECEMBERの「ケトル0.9L オリーブドラブ」。トランギアのケトルにDECEMBERがオリジナル塗装を施した一品。
サイズ、フォルムともに完璧。
こちらのアイテムもいざ欲しいと思っても、OUTDOOR SHOP DECEMBER公式サイトのオンラインショップでは常にソールドアウト。半ばあきらめかけていたところ、「あったらラッキー!」レベルでずーっと行きたかった、OUTDOOR SHOP DECEMBER目黒店へ遊びに行ったところ、GWに目黒店のみで店頭販売してました!
即購入。RIVERSさんのドリップホルダーに続き、幸運にもゲット。アクションは大事ですね。

▼下記はトランギアオリジナルケトル

マグカップ

マグは鹿ベンチでおなじみ、キャプテンスタッグの「モンテダブルステンマグ350」をセレクト。
見た目や色も好みで、ダブルステン構造により覚めにくいという点を評価。さらに容量やシェラカップのように吊るせる取ってに惹かれて購入。
いい感じでコーヒーが楽しめます。

ちなみにペーパーは専用のものがなく、1~4杯用の円錐タイプがおススメということで、ハリオのペーパーをセレクト。
深めに折って使用します。

まとめ

ということで、コーヒーについての記事をまとめてみました。
パーコレーターなどのように手軽に楽しむもよし、ペーパードリップであえて手間を楽しむもよし。

以上、素敵なコーヒータイムを!

スポンサーリンク