夏のやまぼうしオートキャンプ場は最高に気持ちのいいキャンプが楽しめる!

8月 21, 2019

梅雨がようやく明けた8月の最初の土日、ウナギのように気温がぐんぐん上がる中、御殿場にあるキャンプ場「やまぼうしオートキャンプ場」にてファミリーキャンプを楽しんできました。
道中にある有名な精肉店に立ち寄って、広大な芝生の中、富士山を目の前に、馬刺しとビールを楽しみながら過ごすというやまぼうしファンならではの王道のキャンプはマジで最高でした。
正直、これまで行ったキャンプ場の中でも3本の指に入るほど、素晴らしいキャンプ場なのです。
何が素晴らしいって、肉、芝、富士!
もうこれだけで最高なのに、絶妙に整備されたキャンプ場は過ごしやすく、フリーサイトの特性上広々サイトを展開できる点など、素晴らしポイントは枚挙にいとまがない!
次は連泊だな、と心に決めたやまぼうしオートキャンプ場のおススメポイントと楽しみ方をば!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やまぼうしオートキャンプ場はゆるーくキャンプが楽しめる

大きな魅力は、チェックイン8:00~、チェックアウト~15:00と早く来て、ゆっくり帰れるという点!

CAUTION

連休の中日や長期休暇期間はチェックイン、チェックアウト時間が変わります。詳しくはオフィシャルサイトにて。

そして、フリーサイト!
かなり余裕を持ったサイト展開ができるというのがフリーサイトの最大の魅力。
もう何ていうか、制限から解放されて、ゆるーくキャンプが楽しめると言うのでしょうか。
そして目の前に広がる一面の緑の芝。少し視線を上げれば雄大な富士山。
ロケーションも最高!

ビールが進む、進む。グビグビ進む、進む。

自由なサイト展開、緩い時間の成約。
区画サイトには区画サイトの良さがありますが、やっぱりこのフリーサイトの自由さといい、緩さは本当に好き。

とは言え、オチョファミリーがキャンプ場に着いたのは9時過ぎ。
すでに多くのキャンパーがサイトを展開している上、木陰になるような場所や主に端っこはほとんど埋まっていました。
中央部分は比較的空いていたので、我々は遠慮なく中央にドーンと展開しましたが。
端っこ希望でも富士山が見えずらくても良ければ空いているところはありましたが。
また、傾斜も若干あったので、余裕を持ってキャンプインしていい場所を選ぶのがおススメです。

食事が最高

やまぼうしオートキャンプ場から2kmほどの場所にある、名店「山崎精肉店」の肉や総菜がまあうまい。
有名人のサインが並ぶ店内には焼肉や馬刺し、ハムや総菜などが揃ってます。

特に馬刺しがおいしかったー!
オチョファミリーは九州醤油にすりおろしたニンニクでいただきました。今思い出してもおいしい。

さらに、カルビやハラミで焼肉!
ハラミは肉肉しくて食べ応えあり。カルビは柔らかく、娘がほとんど平らげました。
あと、最近オチョファミリーで流行っているのがハウスバーモントカレー!
ベタベタのキャンプでカレー。リンゴとはちみつがとろけててうまい!

さらにさらに翌朝は、やはり山崎精肉店で購入した、ぶっといハム。をホットサンド!
肉厚のhumととろけるcheeseをsandしてhotしたらYummyでしかない!

と、とにかくいろいろ美味しかった。

スポンサーリンク

何をしても気持ちがいい

まずはハンモック。これは最高ですね。
初日は昼食後、程よく酔っぱらった状態でハンモックに揺られながらお昼寝。サイコーか!

目の前に広がる景色に思わず写生会。

水彩絵の具でのオチョの作品。ヘタか!

その他、ポップコーン作ったり、バドミントンしたりと、もう楽しすぎる。

CAUTION

日中は猛暑!細かい水分補給や帽子などの日よけで熱中症対策を!!

夜は過ごしやすい気温で、それだけで気持ちよかった。避暑か!

場内も程よく管理が行き届いていて最高

手作り感のある管理棟。こちらで受付。
さらに奥にゴミステーションや灰捨て場もあります。

炊事棟は十分清潔。奥にはトイレやシャワー棟があります。
トイレ問題には厳しいオチョママもストレスなく使えていたようです。
翌日温泉が控えていたのでシャワーは使用してません。

場内のあちこちにブロックが転がってます。
BBQや焚火は焚火台の使用は必須ですが、さらに芝生保護のためにブロックを敷く必要があります。
芝生保護は大事。それによって、本当に寝ころびたくなるほどキレイな芝生が整ってます。

富士見の温泉もいい!

翌日はゆっくり撤収作業をしてチェックアウト後、汗を流しに「御胎内温泉健康センター」へ。
名前がいいですよね。
露天風呂は富士山を眺めながら。なんて贅沢!

温泉の後は近くの「そば処 たくみの郷」にて御殿場地方に昔から伝わるローカルフード「みくりやそば」をいただきました。
山芋や自然薯をつなぎに使ったそばに、鶏肉やにんじんなどを入れてつゆをぶっかけたそば。
暑かったので冷たいそばにしましたが、これはあったかいそばの方が合うなと思いながらも、おいしくいただきました。

まとめ

といった感じであっという間に終わってしまったやまぼうしオートキャンプ場でのファミリーキャンプ。
まだまだ魅力は随所にありますが、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

いつもは山梨側からの富士山を楽しむキャンプが多いですが、静岡側からの富士山もやっぱりいいもんだ!

スポンサーリンク