キャンパーの聖地!「ふもとっぱらキャンプ場」は初心者ファミリーでもウェルカムだった!!

7月 5, 2018

ふもとっぱらキャンプ場メイン
関東が梅雨入りした6月の週末。キャンパーの聖地と称されるキャンプ場、「ふもとっぱらキャンプ場」へ初めて行ってきました。
梅雨入り直後ということで天気が心配でしたが、雨に邪魔されることもなく気持ちよく過ごすことができました。
また、雑誌やメディアのイメージから勝手にハードルを上げてなんとなく行きづらい印象を持っていましたが、初心者ファミリーキャンパーでも問題なく楽しむことができる素晴らしいキャンプ場でした。

簡単にどんなキャンプだったかを振り返りつつ、ふもとっぱらキャンプ場の素晴らしい点、気になった点を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ふもとっぱらキャンプ場はどんなところ?

出典:ふもとっぱら公式サイト



ふもとっぱらキャンプ場は言わずと知れた、超有名キャンプ場ですので説明は不要かと思いますが、簡単に基本情報をまとめます。
まず、ふもとっぱらキャンプ場はフリーサイトのオートキャンプ場ですので、施設内であればどこでも好きなところにサイト設営OKというスタイルを採用しています。
フリーサイトというと、フリーなだけにどこにサイトを設置すればいいのかを考え出すと、なかなか決められないというマイナス点があると思います。
ですが、ふもとっぱらキャンプ場に関しては、キャンプ場のネーミングにもあるように富士山の麓の原っぱなる施設のため、水場やトイレの場所だけ把握しておけばどこでも問題ないと思います。なんせどこに行っても富士山を眺めながら過ごすことができますので。
ちなみに当日はあいにくの曇り空。富士山が雲間から見えたり見えなかったりという状況でした。
天候によっては富士山が見れないこともあるというのはしょうがないですね。
今回は3家族でのグループキャンプ。陣取った場所は上記のマップ上の中央通り下、セグウェイに乗った人のイラスト当たりでしょうか。

基本情報

キャンプ場名 ふもとっぱら
住所 〒418-0109 静岡県富士宮市麓156
TEL 0544-52-2112
チャックイン/チェックアウト(キャンプ場利用時) 8:30~17:00/~14:00
料金(キャンプ場利用時) 3,500円(2~5名、テント1張またはキャンピングカー、車両1台を含む)※6名からまたはタープ設置等は追加で料金がかかります。
公式サイト https://fumotoppara.net/
アクセス

自然の中で飲んで、食べて、寝てという幸せ


ふもとっぱらと言えば、目の前に見える富士山が最も魅力のキャンプ場ですが、そのほかにもたくさんの魅力があります。

開放的な空間と緑


前述にありますが、キャンプ当日はあいにくの曇り空。富士山は雲間からちらっと見えるレベルで、正直満足に楽しむことはできませんでした。
とはいえ、緑の芝が広がる原っぱキャンプ場はとても開放的で心地よい空間です。
また、富士山の後ろには毛無山があり、こちらの景観もまたよろし!
360°緑に囲まれた中でのキャンプは「気持ちいい」の一言に尽きます。

必要十分な設備

炊事場は中央の道路沿いに点々とあるため不便に感じることはありません。
また、トイレも仮設タイプやトレーラーハウスタイプがあります。
仮設トイレは利用してませんが、トレーラーハウス型のトイレはきれいだったので、トイレが気になる方、特に女性でも問題ないかと思います。
そして、管理棟内には「あ、あれ忘れた」というキャンプ忘れ物ランキングの上位に入るものは揃っているようでした。
その他、ビールをはじめとしたアルコール類、薪や炭といった定番アイテムもしっかり並んでおります。
お風呂はタイミングによっては入れる場合と入れない場合があるようですが、当日は指定の時間内であれば利用できるというのも嬉しいポイント。
オチョは終日呑んで、食べて、寝てという感じだったので残念ながらお風呂の状況はわかりません。

逆さ富士が楽しめるポイントもある


センターハウス近くには炊事棟もあり、ここには炭や灰を捨てるドラム缶がありました。
また、管理棟近くには風呂場や食堂もあります。
そして、逆さ富士の撮影スポットでもある池があるのも管理棟付近です。
水面に富士山は写っていませんでしたが、大量のオタマジャクシが泳いでいました。

子どもたちも大喜び


子どもたちも開放的な空間を存分に楽しむことができます。
GWやお盆などの混雑時では難しいかもしれませんが、かなり広いキャンプ場ですので子どもたちが走り回って遊ぶことができます。
車もテント横に停めることができますが、移動は基本的には中央の道路となっている上、場内は開けているので危険もすぐに察知できるので安心です。
6月の初旬でしたが、日中は暑く朝晩も冷えるとは言え、長そでシャツを一枚羽織れば十分という気候だったため、雨さえ降らなければこの時期のふもとっぱらは非常に過ごしやすいと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ


というわけで、初めてのふもとっぱらキャンプ場はとても開放的で気持ちよく、過ごしやすいキャンプ場だということがわかりました。
普段、区画サイトを利用しているキャンパーさんであればフリーサイトの入門キャンプ場としてもおすすです。
ただし、お湯が出ないし、電源もありませんので、その辺はご注意ください。
あ、ゴミは有料ですが引き取ってくれるのは地味に評価が上がります。

以上です。
お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク