GW初日は「ほったらかしキャンプ場」でファミリーキャンプ!

2019年のGWは10連休!
各キャンプ場の大混雑が予想される中、我々オチョファミリーはほったらかしキャンプ場でグループキャンプを楽しんできました。
富士山、夜景、星、流れ星、温泉と何度来てもテンションの上がるロケーションが最高のキャンプ場でした。

しかし時はゴールデンウィーク。
キャンプ場はもちろん、道路の混雑も大いにあり得ます。しかも初日ともなればなおのこと。
そんなほったらかしキャンプ場で過ごした2日間を振り返っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中央道の渋滞を加味して行動

当日の空は雲が多く、雨もぱらつく不安定な天気の中、朝7:30に出発。
ほったらかしキャンプ場のチェックインは13:00なので、かなり余裕を持った時間でした。
できればチェックイン前に、スーパーで買い出しまで済ませたいと目論んで挑んだ中央道。
埼玉の自宅からは首都高を抜けて、中央道にアクセスします。
果たして、何時に着くか…。

10:00にはスーパーに到着

渋滞どころから、かなり快適な走行でちょいちょい休憩をはさみつつ、10:00にはスーパーに到着。
拍子も抜けますよ。
寄ったのはいちやまマート山梨店
ここからキャンプ場までは車で約15分。買い物を早々に済ませ、昼食と時間つぶしに笛吹川フルーツ公園へ。
ゆるキャンでも登場した公園ですね。

屋内に遊具があるので、雨でも安心して遊べます。
そのほか、レストランや花の広場、噴水など、いろいろと楽しむ施設があります。

せっかくなので、フルーツサンドもいただきました。

スポンサーリンク

いざキャンプ場へ

約1年前に訪れた時に比べ、キャンプ場自体が拡張されています。
区画サイトなどが増設されたり、管理棟が移動していたりと。
ちなみに、ほったらかしキャンプ場はこれまで電話のみの受付でしたが、オンライン予約に対応しました。
公式サイトをチェック!

今回我々がキャンプをするのはハナレサイト上段の10、11番。
目の前の甲府盆地と富士山が絶景のおすすめサイトです。

癒しの時間を満喫

初日は徐々に晴れ間が見えてきたとは言え、なかなか富士山の雲が取れず、もやもやした時間となりました。
とは言え、雲間から富士山が見えると、テンションが上がります。

夕方になると気温もぐんぐん下がり、冬装備レベルの寒さとなりました。
そうそうに、ほったらかし温泉で温まりに行きました。
十分体が温まったところで、軽食スタンド桃太郎にて生ビールで一服。S・H・I・F・U・K・U。
こちらは温玉あげが有名ですね。ゆるキャンメンバーもおいしそうに召し上がってました。

さて、サイトに戻ると夜景が広がっています。
一日中景色を満喫できるというのは本当に贅沢ですね。
夜は大分冷え込みますので、焚火で暖を取りつつ、夕食タイム。
22時には就寝です。

ようやく富士山と対面

翌日は雲が晴れて、富士山がドーンっと見えました。最高の朝です。

そして、コーヒー。
朝、富士山を眺めながら、コーヒーでまったり。
これは何度やっても飽きない至福の時間ですね。

その後、朝食後に撤収。ほったらかしキャンプ場のチェックアウトは11:00。
ギリギリまで景色を楽しみつつ、キャンプ場を後にしました。

昼食は山梨名物ほうとうで

昼食は道中にある、歩成さんへ。
ここのほうとうは2回目ですが、やはりおいしくおススメ。
なんせほうとう味くらべ大会、3連覇ですからね。

まとめ

というわけで、GW初日から2日目に掛けて、山梨のほったらかしキャンプ場へ行ってきました。
ほうとうを食べた後にはすぐに帰路に付きましたが、渋滞もなく、GWとは思えないほど渋滞とは無縁でキャンプを終えることができました。

次回は真夏(8月)のほったらかしキャンプ場が控えてますので、夏のほったらかしがどんな感じかレポートしたいと思います。

ちなみに、上記の画像は環天頂アークなるもの。その時は「虹だ~」っとテンションを上げていましたが、帰って調べたところ左記の現象と知りもう少し勉強しておけばよかったと思ったり思わなかったり。
とは言え、環天頂アーク×富士山を拝めたということで、やっぱり最高のキャンプ場であったということを改めて感じられたということを結びに、終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク