GWキャンプ!平成から令和にかけて伊勢でファミリーキャンプ【前編】

ゴールデンウイーク中日、4月30日~5月2日という平成から令和に掛けて、伊勢でファミリーキャンプを楽しんできました。
もちろん、伊勢神宮参拝がメインの今回のキャンプは、オチョファミリーとしても最長記録を塗り替える遠方キャンプとなりました。

キャンプをしたのは伊勢志摩でもかなり南に位置する、御座岬オートキャンプ場。
海水浴場まで徒歩1分という、夏は海も楽しめるオートキャンプ場でした。

そんな伊勢で過ごした日々を綴っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

片道約7時間の旅

埼玉の自宅から御座岬オートキャンプ場までの所要時間をGoogleマップで調べると約7時間。
しかも、GW真っただ中ということもあり、夜の12時30分に自宅を出発しました。
夕方に仮眠をしっかりとって、準備万端で。

実はオチョファミリーはGWに伊勢に行くのは2回目。
前回はキャンプではないですが、4時に車で行った際に渋滞に泣き、伊勢まで約12時間かかりました。
それを踏まえて、今回は12時頃に出れば何とかなるだろうと考えました。

道中は雨、暗い道、睡魔との戦いが続き、何とか岡崎SAに4時ぐらいに到着。
そこで1時間ほど仮眠を取って、再度出発。

ちょいちょい休憩を挟みつつも、渋滞に巻き込まれることもなく、8時には鳥羽水族館の駐車場に到着。
水族館自体は9時から開館ですが、駐車場は8時から解放されます。GWともあって、すでに駐車場は混雑していました。

ちなみに、御座岬オートキャンプ場のチェックインは13時からなので、水族館を楽しみながら時間をつぶしてから向かいます。

鳥羽水族館は飼育種類数日本一を誇る大規模な水族館で、様々な海、川の生物を楽しめます。
中でも、トド、マナティ、ジュゴン、セイウチといった“海獣”だけでも一見の価値があります。

いざキャンプ場へ

鳥羽水族館からキャンプ場へは約1時間。12時過ぎに水族館を出て、キャンプ場最寄りのスーパー「ぎゅーとらラブリー志摩店」へ。
昼食を含めた食材をゲットして、いざキャンプ場へ。
到着したのは13時過ぎ。

管理棟にて受付を済ませた後、キャンプ場のご厚意で予備で空いていたバンガローで昼食タイム。
なんせ外は結構な雨だったので、これはうれしかったです。

その後、雨風と戦いながらも、何とかテントとシェルターを設営。

雨ということで、スノーピークのリビングシェルとアメニティドームMの連結スタイルで過ごします。
その後はキャンプ場にてまったりとした時間を過ごし、22時頃就寝。

スポンサーリンク

ここでキャンプ場を簡単に紹介

 

出典:御座岬オートキャンプ場

今回利用したキャンプサイトは10×10mとかなり広めのサイトで天然芝。芝の状態もよく、余裕を持ったキャンプが楽しめます。
また、別料金ではありますが、電源もあります。
オートキャンプサイトは全部で40サイト。その他、コテージやバンガローもあります。
あと、旅館も併設されていますが、こちらは海水浴シーズンのみの運営なのかなと。
ちなみに、旅館内にあるお風呂は大人/400円、子ども/200円で利用できます。

炊事場やトイレ。きれいに保たれていましたが、夏などはトイレに虫が入ってきてしまうんじゃないかと思われます。

ゴミはビン、缶、ペットボトル、ガス管などは常に捨てることができます。
また、その他の燃えるゴミは翌朝、ゴミ捨て用にトラックが置かれており、そこの荷台に捨てればよし、というありがたいスタイルでした。
もちろん廃捨て用のドラム缶もありましたが、今回は炭はおこさなかったので、使用しませんでした。

海水浴が楽しめるということだけあって、洗濯機や温水シャワーもありました。

と、全体的に快適に過ごすには十分な設備の整ったキャンプ場でした。

2日目は待望の伊勢神宮参拝

この時期の伊勢神宮周辺はかなり混みます。また、車線規制もかかり、駐車場も止められる保証がありません。
そこで今回は伊勢神宮まで車で15分ほどの場所にある、サンアリーナという駐車場に行き、そこからシャトルバスで向かいます。
駐車料金1,000円で伊勢神宮内宮もしくは外宮に行け、さらに内宮もしくは外宮間の移動にも使え、サンアリーナへ戻ってくることができます。
しかも、大型連休中の伊勢神宮周辺は一般車両とは別に、シャトルバスなどの専用道路ができるので、渋滞も回避することができるので便利。

ただ、問題がないこともありません。
今回はまず外宮に向かいましたが、外宮から内宮へのシャトルバスの待ち時間が40分~50分。内宮からサンアリーナへのシャトルバスの待ち時間も40分~50分ほどかかりました。
伊勢神宮周辺まで自車で向かって、駐車場に停めて参拝に要する時間が上記の時間ほどかからなければ直接行ってしまってもよかったかもしれません。
それを踏まえて最終日はとある場所まで自分の車で向かって、お伊勢さんへ徒歩で向かいました。それについては後述します。

外宮近くで下車し、外宮へ向かう外宮参道にアウトドアショップ発見。
バットパームスさんです。
ちょうど、コーヒードリッパーが欲しかったので、軽く寄ってみることに。

なんと!ずっと探し求めていたRIVERSさんのドリップホルダーがあるじゃないですか。
展示品のみの在庫とのことでした、そんなもん問題ありません。すぐに購入。
いや~、お伊勢さん参拝前ではありますが、なんだか幸先の良いお参りになりそうです。

さらに外宮参道を進むと、やとやさんというお食事処を発見。
参拝前ではありましたが、娘も親も空腹だったため、腹ごしらえ。
おにぎりやおでんの他、伊勢うどんもありました。
しかも巾着に包まれた伊勢うどんは腹ごしらえにはちょうどいいサイズであり、味も大変満足。
伊勢へ行ったら必ず伊勢うどん、と思っていたので目的を1つクリア。
娘も喜んで食べてました。

お腹も満たされたところで、いざ伊勢神宮外宮参拝へ。
小雨が降る中、ルートに沿って移動。
令和元年初日ということもあり、大変な混雑でした。特に記念すべき御朱印はかなりの行列。
御朱印は特に求めてないので、参拝ルートへ。
外宮を名一杯参拝後、シャトルバス乗り場に向かい、内宮へ移動。
先述通り、シャトルバスは激込みだったので、内宮参拝は明日にということでもう一つの楽しみ、おかげ横丁へ。

伊勢海老、松坂牛、豚捨の牛丼&コロッケ、赤福の赤福&赤福ぜんざい。これらの伊勢名物は最低限押さえたいと思いながらも、とりあえず大分お腹もすいていたので豚捨へ。

30分ほど待ち、いざ着丼。
牛丼とコロッケ!
今後の食も踏まえ、3人で牛丼2個とコロッケ1皿&ビールで楽しみました。
マジでおいしい、本当においしい牛丼とコロッケで、6歳の娘はほとんど一人で牛丼を平らげたほどおいしかったようです。
コロッケも一人で1つ食べてました。

さて、次は伊勢海老!
と思いましたが、すでに売り切れていて伊勢海老は翌日の楽しみへと。

それならばと、松坂牛の牛串とビール~。
弾力のある肉に、程よい塩っ気でビールが進む進む。
満足度高め。こんな贅沢はありませんね。

その後はお土産屋さんなどおかげ横丁内を散策し帰路へ。

最後にお団子(みたらし、黒蜜、きな粉)をいただきました。
特に、みたらし、きな粉は絶品。

そしてシャトルバスで駐車場へ向かい、キャンプ場から30分ほどのところにある温泉へ。
ゆっくり温泉に浸かり、キャンプ場へ戻ったのは21時。
事前に21時頃になる旨はキャンプ場に伝えていたところ、ゲートは空けてあるので問題ないとのこと。
夜も遅くなったので、コンビニで軽食とビールを買い、早々に済ませて就寝。

明日は最終日。
その内容は後編でまとめます。

スポンサーリンク